身長ガイド

成長期

成長期と身長の関係

中学生や高校生などの成長期を経過すると、普通は身長は変わらないとされています。
このタイミングで、成長が終了してしまうということです。

そうすると、25歳を過ぎたら今後身長を伸ばすことは無理なのでしょうか。
基本的には20歳を過ぎると大部分の人は成長が止まってしまって、身長が伸びたとしても2〜3ミリくらいでしょう。
とは言え25歳になっても身長を伸ばすように努めることで、身長を伸ばすこともできるでしょう。

となり合っている骨の中間には、軟骨と言われるクッションのようなものが存在します。
この軟骨を大きくしていくことで、身長を伸ばす効果を引き出します。
軟骨にたくさん存在するグルコサミンやコラーゲン、コンドロイチンなどのサプリを飲むことで軟骨にボリュームを持たせることができます。
このようなサプリメントを利用することで、身長を少し伸ばすこともできるようです。
他の方法としては骨盤の歪みを矯正して、身長を伸ばしていくこともできます。

背骨がすっとまっすぐで歪みがないという人は、とても少ないのではないでしょうか。
ストレッチを頑張ったり背骨矯正用のグッズを使用したりすることで、姿勢を但し背骨を真っ直ぐにすることが出来ます。
前は歪んでいる状態だった背骨をまっすぐに整えることで、数センチは身長が伸びると言われています。
このように25歳を過ぎてからは、急激に身長を伸ばすということは出来ません。

とは言え少しずつ身長を伸ばすのは無理ではないので、自分ができることを精いっぱい積み重ねていくしかありません。
生活習慣を思い返して見つめ直していくのも重要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ